製品情報 Strengths of your proposal

  1. <
  2. 展示機
  3.  

FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)に出展する、弊社ケーサーラインをご紹介!

FOOMA_bannaer
  • FOOMA JAPAN2022(国際食品工業展)に弊社ブースが出展!
  • 日時:2022年6月7日~10日 10:00~17:00
  • ブース位置は 「 東1ホール 1B-21 」 ※東1ホールと2ホール境目の柱周辺
  • 展示構成は製函機「段ボール組立」 ケーサー「製品箱詰め」 封函機「段ボール封緘」 段ボール包装工程をトータルで自動化可能な構成!
  • 段ボール包装ラインの自動化ソリューションを提案致します。
  • 皆様のご来場心よりお待ちしております。

 
製函機

製函機・段ボール組み立て自動化

特長

    テーピングユニット

  • 今回の展示の装置には弊社オリジナルの国産テーピングユニットを搭載!
  • 弊社ユニットはツマ長さが安定、調整箇所も多く細かい調整が可能! 構成部品は全て国内で製作しており、供給も安定しております。
  • 搬送方式

  • バーによる押し出しで搬送するため、成形性が高いです。そのためテープ貼りの仕上がりがとても綺麗です。
製函能力 Max 10ケース/分
対象ケース寸法
(単位:mm)
  長さ 高さ
最大 500 400 400
最小 200 170 100
ケースストック数 80枚(Aフルートの場合)
包装材料
  • 粘着テープ・ガムテープ封緘対応粘着テープ・ガムテープ
  • ホットメルト非対応 ※ホットメルト対応機もございます。
  •  
サイズチェンジ ハンドル調整式 (自動型替も特殊仕様で対応)
電源 3相200V 0.9KVA
エア源 0.5MPa 350L/min(ANR)

 
ケーサー画像

ケーサー・箱詰め部

特長

    高速動作

  • サーボモーター2つを組み合わせ、円弧運動を実現、高速で箱詰め可能です!
  • 多数のワークへの対応実績

  • ハンドの付け替えで様々なワークに対応! 弊社のこれまでの経験を基に様々なハンドをご提案致します。
  • PLC制御

  • 動作制御はPLC,サーボアンプで行っているため、メンテナンスが容易!
能力 Max 1.7秒/1サイクル(1往復)
サイズチェンジ ハンド交換式 ※ハンドの交換で様々なワークに対応致します。(吸着方式、チャック方式等)
集積方法 お客様の箱詰パターン仕様に合わせ、集積部を専用設計致します。
電源 3相200V 5.8kVA 
※製函部・封函部を含む場合
エア源 0.5MPa 500L/min(ANR)
※製函部・封函部を含む場合
制御方法 PLC制御

 
封函機

封函機・段ボール封緘の自動化

特長

    折込方式

  • 従来の誘い込みバーでの折込方式ではなく、1か所で天面4か所を折り込む為、綺麗に封緘することが可能です。
  • コンパクトな設計

  • 機長1100㎜と非常にコンパクトな装置です。レイアウトに合わせ制御盤、調整ハンドル方向も変更可能!
封函能力 Max 10ケース/分
対象ケース寸法
(単位:mm)
  長さ 高さ
最大 500 350 300
最小 230 190 100
包装材料
  • 粘着テープ・ガムテープ封緘粘着テープ・ガムテープ
  • ホットメルト非対応 ※ホットメルト対応機もございます。
サイズチェンジ ハンドル調整式 (自動型替もオプションで対応可能です。)
電源 3相200V 1.25kVA
エア源 0.5MPa 100L/min(ANR)